大阪で食べる

めちゃウマなたこ焼きが食べられるお店

めっちゃうまいタコ焼きの店

大阪といえばたこ焼き!!アツアツのタコ焼きは部活帰りの学生にもいいし、ビールでアツアツを食べるというのも最高です。
最近はたこ焼き器でたこ焼きを作るということも家庭で行われていますが、やっぱりめっちゃうまいのは大阪のタコ焼きです。
自宅で作るのが当たり前という大阪人がどうしても、買ってでも食べたいと通う名店を紹介します。

アツアツのたこ焼きはそれぞれのお店で個性があり、いずれも名店ばかりです。
大阪に行ったら絶対に食べてほしいたこ焼き、どうせなら大阪人がおススメするたこ焼きを食べに行きましょう。

網掛けマヨ、二刀流発信の店、甲賀流

網掛けマヨネーズと二刀流を発信した最初のお店として有名なのが甲賀流です。
たこ焼きの上に細く網掛けマヨネーズがかかり、鰹節と青のりがさっとかかった最高の太鼓焼き、それに、ネギたっぷりのポン酢でいただくたこ焼きもこのお店の名物です。

実はこのねぎポンがこのお店の一番人気というたこ焼きです。
網掛けマヨのたこ焼きとねぎポン、両方絶対食べてほしい逸品です。

1953年、たこ焼きを開発した店、会津屋

大阪の西成に本店がある食品会社が作るたこ焼き、このたこ焼きは1953年に初めて作られたタコ焼き、つまりたこ焼きの元祖として知られています。
小さ目でころっとしたたこ焼きにソースも何もつけずにいただく、それが会津屋流です。
ソースが無くてもしっかり出汁の味があり、いくつでも食べられるほどのうまさです。
昔なじみのお客さんも多いのですが、元祖の味を食べてみたいという人もぜったに逃さず行ってほしいお店です。

たこ焼き道楽 わかなは花月隣にある名店

大阪の笑い「処」、なんばグランド花月の横にあるたこ焼きの名店、わかな は、地域の人たちから設題な人気を誇るたこ焼き店です。
花月に来る観光客にも人気がありますが、地元の方があしげく通うということは、このたこ焼きがおいしいから!です。
えびせんべいにタコ焼きを挟んで歩きながらでも食べられるたこせん、人気の味付け2種、期間限定の味付け1種、全部で4種の味のたこ焼きを楽しむことができるおおいりなど、楽しいたこ焼きもあります。

温かい出汁でいただくわんこだこもほっとするお味で好評です。
たこ焼きの皮がしっかりしているので、いつまでもアツアツ、皆さんハフハフしながら食べています。

大阪人が最も愛するやまちゃんは不動の人気です

大阪人が最も愛してやまないお店として、不動の人気を誇っているのが、やまちゃんです。
このたこ焼きは何よりもきじがうまい!!と有名です。

何でも鶏がら、フルーツ、野菜などで4時間もじっくり煮込んだスープに、昆布、カツオを入れてとった和風だしをブレンドして、たこ焼きのきじを作っているということです。
このこだわりが、食い倒れの街大阪で長く愛されてきた要因なんでしょう。