大阪で学ぶ

大阪城で大阪の歴史を学ぼう

多くの外国人観光客も訪れる名スポットです

大阪は食い倒れの街、商人の町、そして戦国時代の歴史を今に語る大阪城などをみることができるということもあり、海外からの観光客も非常に多い観光地でもあります。
ネオン輝く道頓堀なども魅力的ですが、大阪に来たのならぜひ、大阪城の歴史にも触れていきましょう。
信長が亡くなり、その後、飛ぶ鳥を落とすような勢いで世の頂点に駆け上がった秀吉、また当時、戦国の世がよく理解できます。

大阪城の歴史

大阪城といえば秀吉です。
天正11年、秀吉は信長亡き後、石山本願寺後に当時、世界的にも大きな規模となった大阪城の築城を開始しました。
秀吉が創建した天守閣は外観に5層、軒下瓦、飾り瓦などに沢山の黄金を利用し、外見からも絢爛豪華がわかるお城です。
内装も相当のもので、秀吉は来客を本丸に案内し、財宝や富を見せつけ、来客はその数、美しさ、規模に驚愕したといいます。

大阪城は今見ておくべき

大阪城が物語の中に登場するNHK大河ドラマ、真田丸では、真田幸村が大阪城に深く関係していくさまが描かれています。
秀吉に対する新しい捉え方もあり、大人気となっているドラマの舞台になっているのが大阪城ということもあり、今このトレンドとなっている時期こそ、大阪城をご覧になって、その内部におかれている書物や、歴史の紹介などを見ていただきたいのです。
大阪城では戦国時代の歴史的人物に変身し、写真撮影ができるというコーナーもありますので、なりきって写真に納まってみるものいいでしょう。

三光神社には真田幸村の銅像が飾られています。
ここは真田丸から大阪城への「真田の抜け穴」があり、そこに銅像がどんとたっています。

青屋門から極楽端を渡り階段を上ると、天守閣の北側に到着しますが、この石段にも深い歴史的な理由が隠されています。
真田幸村、秀吉の時代に合ったものではないのですが、石段には弾丸後が残っています。
これは、太平洋戦争の際の弾丸後で、日本の一つの歴史として、しっかり見ておいてほしい産物です。

大阪城の近くでグルメをパクリ

大阪城の近くにはホテルニューオオタニ大阪があります。
ここには注目のスイーツがあります。
マンゴーがたっぷり添えられている贅沢なパンケーキです。
ふわふわの食感のパンケーキと濃厚な甘みのあるマンゴーは最高の組み合わせ、大阪城を訪れる際には、ちょっと寄って食べていきましょう。

またラーメンもおいしいところがあります。
大阪城の近く、ビジネスパークにある慶次というラーメン店です。
一駅歩くことになりますが、濃厚なとんこつスープは絶品です。
濃厚でありながら最後の一滴までスープを飲み干せるという不思議なラーメンなのです。