大阪で学ぶ

放送局の裏側を知りたいのなら「NHK大阪放送局 BKプラザ」

NHK大阪放送局 BKプラザの特徴

大阪市中央区にあるNHK大阪放送局BKプラザは、NHK大阪放送会館にあり、公開放送を行っているプラザスタジオや、実際に放送で使われている技術を見たり体験することができる体験コーナーがある放送局広場です。
また、NHKオンデマンド、デジタル放送、スーパーハイビジョン4K等、見逃した番組や懐かしい番組を見ることができたり、最新の機器で撮影した美しい映像を大型テレビで公開しているスペースもあります。
BKプラザ9Fには、番組公開ライブラリーやNHK朝ドラの展示コーナー、触れて遊べるスタジオ模擬セット、擬音体験コーナー、スタジオビジョン等、より放送局の裏側を知ることができるコーナーもあります。
また、同じく9Fフロアにはスーパーハイビジョン、NHKアーカイブスをはじめ、BKパノラマ、BKスカイビュー等、NHKならではの普段見ることができない放送局の仕事風景を間近で見ることが可能です。

NHK大阪放送局 BKプラザの概要

NHK大阪放送局 BKプラザは大阪市中央区大手前4-1-20にあり、地下鉄の谷町4丁目駅を出てすぐ、車の場合は阪神高速の東大阪線法円坂の出口を出たすぐのところにあります。
見学を希望する場合は、開館時間は朝10時から18時まで、入館は閉館時刻の30分前となっており、火曜日と年末年始が休館日です。
地下2Fの駐車場を利用する場合は、駐車料金60分400円、その後は毎30分200円となっていますので利用されるとよいでしょう。
尚、NHK大阪放送局 BKプラザ内には、利用できるレストランやカフェはなく、持参したお弁当等を食べることができるスペースもありませんので注意が必要です。

NHK大阪放送局 BKプラザで学べること

NHK大阪放送局 BKプラザ1Fには、自分がニュースキャスターやお天気キャスターになりきって映像を撮る体験ができる、なりきりスタジオというコーナーがあります。
また、イルカとクジラと遊べる海中散歩や、恐竜との対決ができる恐竜の世界があり、録画した映像はDVDに入れて持ち帰りが可能です。
わくわくスタジオでは、実際に放送で使われている複数の画像を合成して映像を作成するクロマキーという手法を体験することができますので、テレビの空間の中を体験してテレビの世界を垣間見ることができます。

BKプラザ9Fの擬音体験コーナーでは、昭和30年くらいまで実際に行われていた、ラジオドラマや生放送の擬音(波や風、馬のパカパカ歩く音等)を作る道具があり、映像に合わせて擬音体験を楽しんでみましょう。
同フロアにあるスタジオ模擬セットでは、ドラマセットの秘密等が紹介されていますので、いつも何気なく見ているドラマの裏側を知ることができます。
また、BKスカイビューは、放送で使われる屋上から撮るお天気カメラの映像を楽しめますのでお勧めです。