大阪で働く

大阪で働こう!【薬剤師】編

薬剤師の年収、ある特徴があります

薬剤師の年収をみると不思議なことに気が付きます。
通常、都市部に行くほどに平均年収が高くなるという業務が多いのに、薬剤師という資格の場合、都市部に行くほどほかの業務と比較して、お給料が低くなるという傾向があるのです。

薬剤師というのは病気になったり怪我をした方に、医師の指示のもとお薬を調剤したり、お薬の説明を行う、また健康相談に乗るなど、最近は地域医療にも積極的に取り組む薬局、ドラッグハウスなども多くなっています。
薬剤を扱うという非常に責任ある資格を持っている薬剤師なのに、東京などの年収をみると、ほかの地域よりも低い状態です。
東京は特に、薬科大学が多いということで薬剤師が飽和状態になっているという点がありますが、大阪の場合、医療機関、ドラッグストア、調剤薬局など、薬剤師の雇用先が多数存在しているということで、薬剤師のお給料がほかの地域よりも低めという特徴があるのです。

しかし雇用先が多い、というの圧倒的です。
東京も大阪もやはり都市部であり、薬剤師の雇用を求める医療機関、民間企業ともに多い状態です。
そのほかの地域よりもずっと多くの雇用がありますので、福利厚生やお給料の面、また待遇などをしっかり確認し、自分にあった雇用先を見つけましょう

雇用条件をしっかり確認することが必須

同じドラッグストアでも、お給料が高めで昇給もあり交通費も全額支給というところもあれば、お給料が低め、昇給はあまりない、交通費は○○○○円まで支給、ということでは、勿論お給料が高い、交通費も全額支給というところがいいなと感じます。
同じ業務でも企業、母体によってお給料がかなり違うということもあるので、お給料面、また福利厚生などをしっかり確認することが必要です。

勿論、自分が働く条件に合った雇用先じゃないと、また転職を求めることになります。
特に小さいお子さんがいる場合、病気をしたりすることもありますし、突然の休みなども出てくる可能性があります。
行事も多いので、なかなか正社員登用を探すということが難しくなりますが、中には、ママさんの雇用に寛大で、パートでお子さんのことを考慮しながら長く働いてほしいというところもあります。
自分の条件に合ったところを選択すれば、その先、お子さんがある程度大きくなった時、正社員への道を考えることもできるようになります。

自分の条件に合った求人を探すためには

自分の条件にあった求人を探すために、まず自分の条件をしっかり書き出し、そこに当てはまる雇用先を見つける事が必要です。
ここで、就職転職情報サービスなどを利用しましょう。

就職転職情報サービスの中には、条件にあった雇用先があると、メールなどで知らせてくれるというシステムを提供していることも多いです。
登録などに関しても無料となっていますので、こうしたサイトを利用するといいでしょう。