大阪で働く

大阪で働こう!【職業訓練指導員】編

職業訓練指導員というやりがいのある仕事

就職率が非常によくなっているといわれている現代ですが、本当にそうなのか?と思うほど、大阪でも失業者が多く、ハローワークなどは職を求めて多くの方々が訪れています。

すぐに職業に就ける人、転職できる人というのは技能を持っている人、資格を持っている人で、資格も技能もないということになるとなかなか職を見つける事が出来ません。
こうした職をみつけることが困難な方々に、職業訓練を行い就職のサポートをするのが、職業訓練指導員です。

職業訓練は様々なものがあり、プログラミング、WEBデザインなど今就職先が多い技能についての訓練もありますし、パソコンが全く出来ないという人にはパソコンの指導等もあります。

そのほか、職業の需要が高い介護系の技能、医療系の技能など様々な職業訓練を行うのが、職業訓練指導員です。

職業訓練指導員はどこで活躍できる?

職業訓練指導員は、全国各地にある職業能力開発施設に勤務しています。
職業訓練支援センター、職業能力開発促進センターなどが活躍の場です。

職業訓練指導員としてこうした施設で働くためには、職業能力開発総合大学院を卒業する、若しくは都道府県が行っている職業訓練指導員試験に合格する等の道があり、こうした道から職業訓練指導員免許を取得することが求められます。

この指導員の免許を取得し、その上で各職業能力開発施設がおこなっている採用試験を受験することが必須です。

職業訓練指導員免許の取得

職業訓練指導員免許の取得には、指定された学歴や資格によるもの、48時間講習を修了する、さらに都道府県知事が行う職業訓練指導員試験に合格するという道があります。

指定された学歴や資格によるものの場合、例えば職業能力開発総合大学の卒業者、大学等で指導員免許職種に関して学科を履修、高等学校教員普通免許を取得済みの方などです。
この中でも、高等学校教員普通免許状は科目が限られるので、確認が必要です。

職業能力開発促進法に基づき、技能検定1級などに合格し職業訓練指導員としての指導方法を学ぶために、48時間の講習を受講し修了することでも職業訓練指導員として働くことが可能です。

年に1回行われている職業訓練指導員試験に合格することでも職業訓練指導員になる事が出来ます。
こうした3つの方法のいずれかによって指導員として働く必須項目をクリアし、採用試験に合格する必要があります。

職に就けない人がいきいきと働けるように

事情があり学校に通う事が出来ず、なかなかいい職業に巡り合えないという人、またリストラにあってその後再就職が出来ずにいる人などが、将来を考え技能を身に着けたいと、職業訓練を受講します。

生活に密接な訓練を行うこと、指導を行うという事をしっかりと心に刻み、指導を受ける方が実生活の中で就職に活かすことができるように、質の高い指導を行うことが求められます。