大阪で働く

大阪で働こう!【システムエンジニア】編

システムエンジニアの仕事は管理、まとめ役となる仕事

システムエンジニアは現代、憧れの職業といってもいい職業です。
デジタル系、IT系の仕事に就きたいと思う方なら、システムエンジニアにあこがれる方も多いのではないかと思います。

大阪でもIT系の職場は多くなっていますが、中でもこうしたシステムエンジニアとしての専門的知識や技術を持っているということになれば、転職、就職にも有利になります。
コンピューターが一般企業等でも利用されるようになり、今では大阪に暮らす方々の多くが自宅にパソコンを持ち、インターネットショッピングやプライベートな書類作成、画僧の編集など行っていると思います。

システムエンジニアは、コンピューターを動かすために必要なOS、アプリケーションなどのソフトウエアを開発、運用、管理するプランナーやプログラマーを統括し、責任者として働く立場にあります。
マネージャー的な存在としてIT系の企業で働くことができるのが、システムエンジニアです。

システムエンジニアになるために学校に行くことが必要?

システムエンジニアは、クライアント等から依頼されたことについて、その希望をシステム設計し形にするという仕事です。
システムを形にするためにはプログラミング、データベース、情報処理などについて深い知識が必要となります。

システムエンジニアを目指す多くの方々は今、IT系、情報処理系の高等専門学校や専門学校、大学の理系学部などで学び、基礎知識、応用知識などを得ています。

ただこうした専門教育が就職の際に絶対必要ということはなく、例えば文系の学生を雇用する企業もあります。
理系大学を卒業しある程度ITなどの事を学んでいても、また専門学校でも知識、技能を持っているにしてもモチベーション高く意識をもって仕事してくれなくては困ります。

働く意欲、これから覚えたいという意欲が強い学生については、文系であっても雇用するということもあります。

最初からシステムエンジニアとして働けることはない

どの企業で同じですが、転職者で元々高いスキルを持っていることが有名という人が、ヘッドハンティングを受けたり自ら希望して転職されるという場合は別として、プログラマなどの経験が全くないという人をいきなりシステムエンジニアとして雇用するということはありません。

新卒の場合、通常アシスタント業務から始め、スキルを磨き手経験を積んでいく中でシステムエンジニアという立場が見えてくるという形になります。
プログラマとして就職し、管理能力やスキルなどをかわれ、その後システムエンジニアになるということがあっても、新卒からいきなりシステムエンジニアになることないでしょう。

いずれにしてもIT、情報処理について知識を持っているということは就職についてプラスになる事なので、学校に通ってしっかり学ぶことができるのならそれに越したことはありません。