大阪で働く

大阪で働こう!【刑務官】編

刑務官というのはどういう仕事なのか

受刑者が更生し社会復帰できるように、指導を行い、刑務所、拘置所などの刑事施設などの運営、管理、警備を行うのが刑務官です。
法務省に所属となる国家公務員となるので、大阪にお住まいの方の中にも、刑務官という職業に興味を持つ方もいると思います。

受刑者は何らかの罪を犯して刑務所に入ります。
刑務作業として日々、様々な労働を行い、規則正しい生活を送る事で、いつか社会復帰した時しっかりと仕事ができるように指導し、二度と戻ってこないようにまっとうな生活を送る様に生活を指導することが重要な職業です。

刑務官は受刑者が働く工場などに引率し、現場で規則違反を犯したりトラブルが起こる事のないようにし、集団の中でしっかりとふるまうことができる鵜様に指導します。
刑務所の中には非常に高度な専門知識を指導する場所もあり、この場合には専門技官と共に技術指導を行うこともあります。

真剣にまっとうに仕事をすること、世の中に出てもその生活を続けること、正しく生きることを指導する立場にもあるので、受刑者たちが少しでもやる気になるように励ますということもあるようです。

ただ受刑者の中には凶暴な受刑者もいますので、工場で利用する工具などをかくし危険な行為に及ぶこともあります。
作業指導を行うということが大切な仕事になりますが、受刑者の指導をしているという事を心においておかなければなりません。

刑務官になるためには刑務官採用試験を受ける必要がある

刑務官になるために最も一般的なルートが、刑務官採用試験に合格するというルートです。
18歳から29歳までの男女が対象で、筆記試験と実技試験を行います。
高校卒業程度のレベルの試験です。

一次試験は選択式の教養試験、作文試験となります。
作文試験では表現力、理解力を確認し、一次試験の次に二次試験があります。
これは面接によって人物の判定を行うということと、身体測定、運動能力、体力測定などを行うものです。

この刑務官という職業は公安的な職業ということで、思想、過去の犯罪歴など、問題がないかどうか調査も行われます。

試験に合格すると候補者ということになり、その中から内定者が決まります。
通常の試験はこうした採用試験となりますが、不定期に欠員が出た場合、中途採用という形で募集をかけることもあります。
この場合、50歳までの男女が対象です。

国家公務員採用試験に合格するという方法もある

本当に少数なのですが、刑務官になった方の中には、国家公務員試験総合職に合格し法務職員から刑務官を任命されて刑務官となる事もあります。
幹部候補となるので、配属先では管理職、若しくは共感という立場になり、刑務所の中、現場で働くということはほとんどないといいます。

また通常の採用とは別に武道拝命ということも、この刑務官という職業には存在し、柔道、県道などを熱心に行い、有段者となっている人が採用されるという場合もあります。