大阪で働く

大阪で働こう!【パイロット】編

男の子の憧れ職業「パイロット」の仕事とは

小学校の頃、将来何になりたいですか?と先生に聞かれて「パイロット」と答える男子を見たことがあるという人、また実際に自分の夢だったという人も少なくないかと思いますが、パイロットは男の子にとって非常に大きな夢であり、憧れ職業として常に上位にランキングしていました。

最近は大阪の子どもたちの中にもユーチューバーになりたいとか、公務員で安定した暮らしをしたいなどと意見を聴くこともあります。
しかし中には昔男の子が夢を見てきてパイロットになりたいという夢を持っている人も多いのです。

葉は航空会社で働くエアラインパイロットになりたいと思う方が多いと思うのですが、旅客機という大型の飛行機を自分で操縦しお客様を安全に目的地まで運ぶ仕事です。

コックピットに座っていればいいということはなく、関連業務をこなし、安全を第一に業務しなければなりません。

運行管理者と副操縦士、キャビンアテンダント等がチームとなり、最終的にお客様を目的地まで安全に運ぶということが使命です。
しかし機械を利用して空を飛ぶということは危険が全くないということもなく、棄権回避のために何が必要なのかということもしっかり学ぶことが必要です。

また最近は飛行機もデジタル化が進んでいるということもあり、新しい操縦方法を学ぶこともありますし、データへの入力、景気の確認等、最新式の飛行機に乗る時には常に勉強しなければなりません。

パイロットになるためには

学生からはになる場合、高校を卒業し大学を卒業、その後、航空会社のパイロット養成コースに学び航空機の種類別国家試験を受けて、航空会社等で就職するという方法があります。

また短大、高等専門学校などで2年学び、その後航空大学に入学しカリキュラムを修了、卒業してから航空機の種類別国家試験を受けて合格し、航空会社等に入るということもあります。

パイロットに必要な学歴ってあるの?

国内の大手航空会社の場合、自社養成パイロット採用試験というものを行いますが、ここでは大学新卒者、若しくは大学院修士課程予定者などが求められます。
子会社という場合には高卒でもパイロットになる事もありますが、今は少なくなっているようです。

各航空会社のパイロット採用試験は、非常に狭き門で、採用数もごくわずかです。
エリートの方以外パイロットになる事は出来ないといわれるのもこの数字を合格率をみるとよく理解できます。

採用試験は面接や適正試験のほかに、大空の元、大勢のお客様の命を守るという立場なので強靭な体力も必要といわれています。
航空大学に入る場合、大学2年修了者が応募条件となっています。

ライセンス取得を独学で行う方もいる

航空会社の養成所、航空大学校以外にパイロットになる方法として、自分でライセンスを取得するという方法があります。

自分でライセンスを取得し航空会社の就職試験を受けるという場合には、新卒の採用とは別枠になり、こうした方法を行っている航空会社は少なく、すべての航空会社がおこなっているということもありません。

こうした独学でライセンスを取得する人が多くなった背景には、格安航空会社が出てきたことが挙げられています。
パイロット養成については非常に大きな費用がかかるので、すでにパイロット資格を保有されていることで、養成する必要もなくなります。

また一般大学でもライセンスを取得できるようになってきていますので、将来パイロットになりたいという人は、様々な道を選択する事が出来る世の中になったといえるでしょう。