大阪で働く

大阪で働こう!【公認会計士】編

公認会計士の仕事は監査を行う仕事

公認会計士の仕事は、沢山の企業の経営について、法律に沿って経営を行っているかどうか監査を行う仕事となります。
この監査を受ける事は法律によって義務付けられていることで、公認会計士は企業の収入、支出を記録している財務書類を調べ誤りがないかどうかを徹底チェックします。

独立していう第三者の立場の監査を受けることで、企業は決算書にうその記載を行う粉飾決算を行う事が出来なくなり、また行ったとしても暴かれます。
粉飾決算は株主が投資を考える際にも、正当な判断を奪う行動となりますので、これを暴く、予防するということは公認会計士の重要な仕事となるのです。

コンサル、財務の業務を行うこともある

公認会計士は通常監査法人に勤務していて、この場合、お客の多くが大手企業となるので監査が中心です。
しかし監査以外にも、企業の経営、会計などについてアドバイスを行うコンサルの仕事も行います。
公認会計士は会計、債務、経理ということついて深い専門知識を持っていますので、その知識を活かし、これから先の経営戦略、コスト削減方法、合併などについても提案し、企業が円滑に業務出来るようなサポートを行うのです。
大阪は企業も多く、大手企業ももちろんありますし、東京に本社を置き大阪を西の拠点としている大手企業もありますので、公認会計士として活躍できる場所も多数あるでしょう。

また税理士と同じ役割になりますが、税務関係の書類を作成し申告する財務の仕事を行う場合もあります。
公認会計士の資格を取得された方は、税理士会へ登録を行い無受験で税理士の資格を取得でき、税理士としての仕事を行うこともできるのです。

公認会計士になる道

公認会計士になるためには公認会計士の試験に合格し、公認会計士という国家資格を取得することが必要です。
年齢学歴などに関係なく誰でも受験することができますが、公認会計士の試験は非常に難しく、司法試験の次に難しいといわれている試験です。

まずは毎年行われている公認会計士の筆記試験に合格することが必要です。
試験は短答式のマークシート形式と論文式と呼ばれる記述型式があります。
短答式の試験に合格した人が次の論文式の試験を受けることができます。

会計に関する専門知識が必要で、必ず受験しなければならない必須科目が、会計学、監査論、起業法、租税法の4科目です。
このほか、選択として経営学、経済学、民放、統計学から1科目選択して受検します。

筆記試験の合格率に関しては例年10%以下という非常に厳しい数字になっています。
会計について幅広く深く学び、勉強を怠らずに試験することが求められます。

筆記試験の後の経験、さらに修了交差

筆記試験に合格したらその後、現場で業務補助経験を携わらなければなりません。
監査法人、また会計の専門業者に就職し、実際に業務囲携わり公認会計士としての実践的な経験を積みます。
この期間は2年以上と設定されています。

補助業務を2年以上継続したら公認会計士になるための最終段階、修了交差を受けることになります。
日本公認会計士協会が行うもので、子の修了交差に合格して公認会計士として登録となります。