大阪で働く

大阪にはどんな仕事があるの?

魅力ある土地で働きたい、転職したいというとき

大阪という魅力ある土地で働きたいという人が増えています。
物価も東京と比べると低く、家賃も低い、暮らしやすく人情にあついと聞く大阪の人たちと一緒に働いてみたいという人が非常に多くなっています。

大阪府の有効求人倍率をみてみると、1.36倍あります。
非常に幅広い職種、という点も特徴で、営業、事務、技術職など幅広い雇用先があります。
大阪は西日本の経済の中心地、多くの大手企業が大阪に本社ビルを構え、事業拠点が多いとことで周りに支社も多くなっています。
大企業が多いということは、人事、経理、さらに総務などの雇用も多いということで、大阪は、転職には最適な地域ということになるのです。

有効求人倍率をみても、大阪は転職に有望

有効求人倍率は1.36倍という数字です。
有効求人倍率というのは、1人あたりに何件の求人があるかということを示す数値ですが、大阪の場合、1人に対して1.4件の求人があるということがわかります。
雇用が非常に多かったバブル期で1.31倍、リーマンショック時では1.33倍となっていた事を考えると、この数字は、非常に高い数字で、大阪という土地は全国から見ても、非常に就職、転職しやすいところなのだということがわかります。

ランキングをみると、建設、採掘業が4倍近く、サービス業が3.2倍近いという数字です。
2016年5月の求人倍率に至っては2.22倍という数字になり、そのほか、医療、介護、福祉という分野でも雇用が非常に多くなっており、求人倍率も上昇傾向です。

大阪で就職、転職したい、求人件数はどのくらい?

2016年の大手検索サイトの求人件数をみると、転職で930件弱、新卒で2400件弱という高い数字です。
もう一つの検索サイトをみると、こちらも転職550件弱、新卒1900件弱という数値です。
また求人を出している企業をみると、積水ハウス、大和ハウス、関西電力など大手企業が求人を出しているということがわかります。

大阪、どんな業種がねらい目?

大阪で転職や就職を考える場合、ねらい目になる職業は、企画営業、カウンターセールス、販売、ルートセールスなどの求人が多くなっています。
業種をみると、不動産、証券、通信、運送などこれも多岐にわたっています。
大手企業の本社ビルがある、また東京に本社を置く関西の拠点として大阪に事業所を置くという企業多くなっていて、事務系の雇用も多いという特徴があります。

総務、経理、人事などの事務系雇用も多くなっているので、女性にも雇用の機会が非常に多いのが大阪といえるでしょう。
また大阪には大阪国際空港、関西国際空港と2つの空港があるということもあり、観光系統の雇用も多く、商業施設、遊園地、大規模ホテルなども多いので、こうした場所にも雇用があり、転職、就職に関して非常に魅力的な地域といえます。