大阪で働く

大阪で働こう!【保育士】編

保育士の給料の事

保育士の資格を保有して働くということに対し、お給料が低いのではないかという疑問が出ています。
保育士は小さいお子さんを預かるという大切な役割を持っているのに、お給料がそのほかの職業よりも低いのです。

どのような職業でも、都市部の方がお給料も高くなるという傾向があります。
保育士も同様で都市部の方が高い傾向があります。
東京は年収ベースで330万円弱、大阪は350万円弱といったところです。
一番低いのは福島県で220万円弱、一番高いのは京都府で390万円近くあります。

兵庫は350万弱、奈良が320万円弱、などをみると、関西地方は保育士の給料が高いということがわかります。
つまり、保育士として働くということを考えると大阪、京都などの方がお給料も高くなる傾向があるということです。
大阪の求人情報を掲載しているサイトとして、こちらもおススメです。
>>大阪府の保育士・幼稚園教諭の求人なら【保育のお仕事】

また、保育士に向いている人は子供好きであることが1番大切でありますが、保育士の人が相手にするのは子供だけではなくその保護者も含まれます。
このため、コミュニケーション能力が高い人が向いているといえます。
保護者への対応は接客業にも似たような点があり、子供を預かるという仕事の上でも大きな部分です。

保育士になるためには資格を取ります。
補助として働く場合資格は不要となりますが、しっかりと働く場合には資格の取得は必要です。

どの地域も主婦が働きたがっている

子供が少なくなっているという状況にあるのも、家族が増えれば暮らしていけない、という背景があります。
現在、お給料全体が上がらない状態であり、ボーナスなどもやっと支給されるようになった、上がるようになってきたという状態で、まだ不況の時代を引きずっている状態です。
そんな中、お子さんを育てながら生活していくということは本当に大変で、夫婦ともに働くことが必須という状態です。

以前は専業主婦が多かったのですが、最近はほとんどの主婦がパート、派遣、また正社員として働いているという現実があります。
保育士として結婚前まで働いていたという方も、お子さんが保育園に入ることができる年齢になってから復職することを求める方が多いのです。
将来のことを考えると、しっかりと働いて起きたい、こうした中、保育士は働くお母さんたちにとってももっと復職してほしいという対象であり、保育士としても雇用の選択が広くなることは、非常に良い事だといえます。

大阪で保育士として働くということ

大阪で保育士として働く際、物価や家賃を東京と比較すると安いので働きやすい街と考えていいでしょう。
働くママたちが非常に多いのが大阪です。
認可保育所を筆頭に、無認可保育所、また企業内、病院内の保育士募集も非常に多くなっています。
お給料もほかの都道府県と比較し、保育士としては高い方なので、大阪は保育士にとって、非常に優良な雇用が多い街と考えておいていいでしょう。